ダイエットの正しい方法や注意点を知って、健康的に痩せる

最大の敵は自分

痩せるための運動

ダイエットをする際に、運動をする人は多く存在します。
しかし、正しい運動をしないと、体重を減らしてもリバウンドしてしまい、元の体重以上に体重が増えてしまう可能性があります。
運動で体重が減るメカニズムは、身体を動かすことで、カロリーを消費し、体質を改善することで体重を落とすことが出来るというメカニズムです。
しかし、過度な運動をしたからといって体重が減るわけではないので、正しい運動方法を学び、運動を継続的に続けていくことが大切です。

体重を減らす際に、運動する場合、身体の基礎代謝をアップさせる運動を行なう必要があります。
基礎代謝とは、身体本来が持っている機能で、基礎代謝が高い人は身体にたまった脂肪を燃焼させやすく、痩せやすい身体を維持することができます。
基礎代謝をアップさせるためには、筋肉量を増やすことが大切です。
いくら有酸素運動をしても、基礎代謝が悪くては脂肪を燃焼する効率が落ち、体重が落ちにくくなってしまいます。
そのため、体重を減らす目的で運動する場合は、初めに筋力トレーニングを行い、基礎代謝をアップすることから始めると良いでしょう。

基礎代謝をアップさせた身体を作った後は、有酸素運動を行い身体の脂肪を燃やしていくことが大切です。
身体の中にたまった脂肪は、内臓脂肪とよばれ、筋力トレーニングで落とすことはほぼ不可能です。
そのため、軽い負荷の運動を続け、徐々に落としていく必要がありますが、この運動を持続させることがダイエットで一番むずかしいとされている部分です。
継続的な運動は、体重を減らす効果は必ずありますが、毎日続けて運動を行なうことは精神的に疲れるものなので、はじめは無理に行なわず、身体を動かすことに慣れてきてから継続的に続けていきましょう。

Copyright(c) 2014 ダイエットの正しい方法や注意点を知って、健康的に痩せる. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com